FC2カウンター

プロフィール

夜桜ねぎ

Author:夜桜ねぎ
夜桜ねぎ:現在東京に生息

御用の際は
yozakurateien葱yahoo.co.jp までどうぞ。
葱を@に!パワーをメテオに!

About→Plofile





バナーは↓です。


twitter

イベント予定

・2012/12   冬コミC83 当落待ち

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

勝手に応援サイトさま

・本家上海アリス幻樂団 様 ・黄昏フロンティア 様 ・東方サークル様

検索フォーム

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

:迷い家を求めて柳田国男巡り

岩手県遠野市





Tohno_0002.jpg




Tohno_0003.jpg


本当に飯処がなかった。一時間夜の街をさまようはめに・・・!

ちなみに宿は遠野から車で一時間の隣町です。なぜ遠野に宿をとらなかったし。



CIMG0603.jpg

展勝地。大体1km?くらい桜並木が続き春・秋は観光客で賑わうそうな。

僕が行ったときはシーズン直後でほぼ葉桜でした。




CIMG0605.jpg


丁度散った後だったんですねぇ。うーむニアピン。





~二日目~


Tohno_0004.jpg


訂正:出雲と京都逆です。or2



雨ばっかりでもいいじゃない。心の中は常に曇りですよ




CIMG0610.jpg

まずは南部曲がり屋へ。ご覧のとおり梅が咲き誇っておりました




CIMG0611.jpg

山!山!晴れていればいい景色だったんですかねぇ。

ぬるっと中へ


CIMG0613.jpg


CIMG0616.jpg

CIMG0617.jpg

昔の農耕具って結構エグい形したのありますよね。





CIMG0621.jpg

月星紋。

この星は先見を表すとかなんとか


CIMG0622.jpg

敷地内には稲荷神社もありました。

大きな蔵とかもあったりして流石は名家か



CIMG0625.jpg


立派なお屋敷でござった。

このお屋敷は「曲がり屋」の名のとおりL字型になっているのです。


東北等の地方では馬が大変重要な家畜であって、世話を見やすいように

住居部と畜舎が一体化しているのが昔は普通だったと。




博物館の資料によれば馬の売買を生業とする者は普通の農民の数倍~十倍の賃金を得ていたとのこと。

(その分過酷でもあったそうですが)





曲がり屋の後、近くにある今回の目的の内のひとつ「続石」へ。



CIMG0626.jpg


CIMG0627.jpg


クマー・・・!?




CIMG0628.jpg


ぐんぐん上ってー



CIMG0637.jpg


ドン!

いやぁ大きい。写真だと比較対象がないからわかりづらいですが

支えになってる石だけで2,5mほどあります。


全長5~6mほどでしょうか。でけぇ!!


この近くには「泣石」・「不動岩」もあり、ともにかなりの巨石。

弁慶が積んだ岩らしく続石の真下には弁慶の昼寝場という開けた場所もありました。




そしてまた車を飛ばしお次は卯子酉様。


CIMG0641.jpg



赤い布を左手だけで結ぶことが出来れば恋が叶うという縁結びの神社です。


そしてその隣にある愛宕神社。

CIMG0644.jpg



CIMG0645.jpg


火防の神社はやっぱりどこにいってもありますねぇ。

そしてこの参道の階段、傾斜が急+雨で足元が滑るので何回かピチュリかけた。こえぇ!





やってきました河童ヶ淵。

にとりー!おれだー!水底のトラウマってくれー!!



CIMG0648.jpg



CIMG0649.jpg


常堅寺の裏手にあるのですが、入ってきた所が裏口だと気付かなかったという。



このお寺が火事になった時、火を消してくれたのが河童だったということでか

河童頭の狛犬とかいたり。







昼ご飯を食べたらデンデラ野へ!



CIMG0656.jpg


途中でみかけた鳥居。お社が見当たらなかった・・・

こういう鳥居・・・たまりません。


CIMG0658.jpg


ヒャア我慢できねぇ!デンデラ野だ!


CIMG0660.jpg


近くに佐々木喜善の生家とかもありました。

ここでも雨で道路が川に・・・うぐぐ




駒形神社。馬を祀っている神社です。

連鳥居みると京都にまた行きたくなるなぁ。


CIMG0668.jpg


このあと伝承園に行ってオシラ様を見たり

遠野博物館をじっくり堪能しました。


博物館面白い・・・なんだか新たな趣味に目覚めそうです。





と、ここらで日が暮れたので宿まで帰還。




~三日目~


チェックアウトした後、少し時間があったので近辺の歴史博物館的なところへ寄ってみることに。


嫌味かと思うほどいい天気でしたよ・・・!

この日また30℃越えするとかどういうことですか。


CIMG0674.jpg


民俗村。

中には市の資料館もあって非常に興味をそそられました。


CIMG0675.jpg


CIMG0676.jpg


CIMG0680.jpg


CIMG0683.jpg


CIMG0684.jpg


CIMG0690.jpg



意外と写真撮ってなかったor2




最後にお山をパチリ。

CIMG0691.jpg


早池峰山のほうまでいってみたかったんですが

時間がなかったのが悔やまれる。

まぁまた今度までとっておきませう





今回の遠野探訪はここまで。

レポまん描くとか言ってたのに二日目以降は順調すぎて描くことなかったよ!

たった3Pだってさ!仕方ないね!/(^o^)\



ノープランで行ったこともありまだまだ見てみたい所が残っているので

そのうちまた行くかも。遠野八幡回り忘れてたしね・・・




遠野は知れば知るほど民話の里でした。

スポンサーサイト

あゝ 花の都は どーまんせーまん 最終日



京都地獄変・三日目~最終日

行ってから二週間たってるっていうでっていう


続きを読む »

あゝ 花の都は 永遠てい!てゐ!テイテイテェエエェェエェイ!


           ,.-‐ー-、  ,.-ー-、
          / ,   ヽ / ,  ヽ
           l .l     \ト    \
         /|._l\     )l\    .)
     r‐'"'Y /    ゝ--‐‐′ヽ ゝ-‐′
    /.ヽ-r'゙,)  /  i / λi  l i ヽo  〇
   ./ ` ,-r' ) ,.イ -(‐-、( )ー) ) ) o
    ,'  i゙ ( ( ( レ -―  ーノ ⌒。ヽ
    !  i   ) )) ノ""   .∠   O l  
   .i  .'ーi'Y⌒ノ,_,ヽ.、._ 一_.イヽ _ ノ.       えーりんっ!えーりんっ!
.   ` 、__ ノノ、 \ ヽニェェニく}从 )ノ .「 /
      てト .` 丶 ',、ヽ_ / k.( (  〈| |/ />
    λ  `ー -    フ、 _〉   ,、     ̄
       ` ー -  ヽ  ノト、yヽ./ `'、
.    〃⌒ヽ./    し'ノ  ヽ/ 、 ,.rノ、
    l    _/ 、      ヽ、  / --、
    >-‐', ' \丶 _ _ _ _r-<ッ ゙つ)
   /   ,'  / ` ー-  ‐ -ヽ.ン ´ー'"
  /   .    ,'   !    ',   ヽ


続きを読む »

あゝ 花の都は おなかいたい 二日目

                  _,.. -‐―‐-- .. __
                /´   .      `ヽ 、
               / 、、: ヘ :::::::.....      \
              ./ ‐-_ヽ!:...__>;::;;;;;;;::::::::...._   \         オナカイタイ
             /   /  \!´   \::::::::! ̄ ヽ、 ヽ,
             `‐rt-'....,,,___」     \::!    .ソ_,ノ
               !:.\::::..  ヽ      >、:.、../_,、!、
     , --v‐- 、 _   ヽ::.ヽ::::..  `、    /  ニ,:',.':::::::(´
   , - ';;/::ノ.:::// l ̄`―`-:;;\::..  ヽ   /   /jヽ:::::::::::)-‐'チ、
 //.:::;ィ'":;∠;_/.:::!::::::.............  トr-;;_ `、 / ,.-=';`-- -‐ii'   ミ!ユ、
..:ヽ-'⌒/::;;-‐'´ └‐┴‐-----=;;:.ヽ;:::::..:;ノ::.::.ヽ;:::::::....... .. .oo!!_,,..-"-┘.....
     `┘             ´ ̄       ̄  ̄  ̄ ´

続きを読む »

あゝ 花の都は いとおかし 一日目・後編鳥居パラダイス


久々にROインしたらひたすら師匠に稽古つけてもらっていたでござるの巻

京都旅行の目的、稲荷大社
そこでねぎを待ち受けていたものとは

続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。